2018/05/16 【コラム:見習い大工のうんちく】鏝?鰻?
Pocket
LINEで送る

鏝?鰻?

DIYやセルフリノベーションに興味がある方であれば、一度はお世話になっているかもしれない、『こて』。
漢字では、『』と書きます。

 

セメントやモルタル、珪藻土や漆喰といった左官材を塗るための道具で、用途に応じて種類もじつに豊富。

 

ところで鏝という字、何となく似た字がありますよね?
そう、よく間違えそうになってしまうのですが、(うなぎ)。

 

鰻と鏝、全く関係がないのにどこかに共通点があるのでしょうか。

 

二つの漢字の“つくり”である「曼」という字。これは、

・長い・広い・(蔓のように)おおって広がる、等といった意味を持つので、

→ 長くて細い魚:鰻

→ 平たい金属の道具、壁を土で覆うための金属の道具:鏝 (*木鏝もあります)

というのが、それぞれの字の成り立ちだそうです。

 

さて、“金属”とひとくくりにしてしまいましたが、
ステンレス、鋼、地金、また焼入れ具合で使い心地も違ってくるもので……、
本当に職人の道具の世界は奥深いものです。

 

一流の左官職人の話では、手で直接触るよりも、鏝を通した方が壁の出来栄えがはっきり分かるんだとか。

 

ところで、鏝を調べていくなかでドキッとするフレーズに出会いました。

 

アマを叩き出せ!

 

えっ⁉︎ アマチュアは鏝の世界に首を突っ込むなってこと?職人だけの世界だと?

 

まさかそんなことはありません。

 

“アマを出す”とは、モルタルなどの施工の際、完全硬化前に鏝で押さえることで
粒子の細かいモルタルを表面に浮かせること。この作業に適した鏝だという売り文句でした。

 

アマチュアだろうが何だろうが、興味があればどんどん職人の道具を使ってみればいいのです。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
◎匠アカデミージャパンの最新講座情報はこちらです
http://www.takumi-ac.jp/topics/?cat=6

◎匠アカデミー理事長の笹川から、週1回、匠アカデミーの
メールマガジンをお届けしています!

・セカンドキャリアについて
・「人生第二幕 生き生きしている人」インタビュー
・最新の講座
など、さまざまなお役立ち情報や匠通信を配信しております。
登録はこちらから!
http://www.takumi-ac.jp/mailmagazine/index.php

________________________________
匠アカデミージャパン リノベーターズ
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-11-8河上ビル7F
TEL:03-5332-5517
理事長 笹川 祐子 / Yuko Sasagawa
◆匠アカデミージャパンHP
URL:http://www.takumi-ac.jp/
◆匠アカデミー事務局
Mail:takumiacademy@imagineplus.co.jp
◆イマジンプラス社長笹川祐子の感謝ブログ
URL:http://www.imagineplus.co.jp/thanks/
________________________________
Copyright(C) 2017 株式会社イマジンプラス
All Rights Reserved

Pocket
LINEで送る

Copyright © 株式会社イマジンプラス All Rights Reserved.