2018/05/15 【事務局日記】建設職人甲子園へ行ってきました!
Pocket
LINEで送る

こんにちは!匠アカデミージャパン事務局です。

先日開催された「建設職人甲子園」というイベントに、弊社の新卒社員が
アカデミー理事長笹川と一緒に参加してきました。
イベントの様子をレポートしてくれたので、ご紹介します!

 

************************

2018年4月30日

今回参加したのは建設職人甲子園というイベント。社長の笹川に同行して参加しました。
建設業界で働く方々が、その楽しさを体感してもらい、業界発展へ繋ぐことを趣旨とした
イベントです。

イベントでは、全国各地での地区大会を勝ち抜いた7社による、未来へ向けたビジョンプレゼンが
行われます。今回はその全国決勝大会。
その他にも「丸太切り」や「タイル貼り」といった職人さんの職業体験ブース、子供向けの縁日、
フードブースなどもあります。

 

1. 会場に到着
会場の幕張メッセに到着したのは11:30。
アクセスは東京駅から京葉線で海浜幕張駅まで約30分。そこから徒歩約10分です。
待ち合わせが あったので少し早めに着くように行ったのですが、すでに長蛇の列が!

 

写真には写っていませんが、階段の下までまだまだ列は続いていました。

まるでライブのよう…開場前にこんなに並んでいるとは思いもせず、驚いてしまいました。
驚いたことはもう一つ。
お子さん連れが多いということです!
多いというよりも、並んでいるほとんどの来場者がお子さん連れのご家族でした。
私はもっと建設業界の方ばかりのイベントかと思っていました。このギャップに早くも
驚くことばかりです。

 

2. 開場の中へ…

そして、12時。開場です。
入り口にはこのような旗が!

会場内もまた、想像していたものとは全く違っていました。
提灯が吊るされ、各ブースがところ狭しと並んでいます。そしてたくさんの来場者!
まだ開場して間もないというのに、とても賑わっています。

こちらはプレゼンブースから見た会場。
甲子園とは言うものの、お祭りのような、フェスのような雰囲気が会場内には漂っています。
楽しそう!と入った瞬間、とてもワクワクしました。
もっとかしこまった、業界知識の必要なイベントかと思っていましたが、とてもフランクで
さほど知識がなくても全く問題ありませんでした。

 

3. 会場内は大賑わい!本格的な職業体験
プレゼンまでの時間、ぐるっと会場内を一周してみることに。
全国大会ということもあり、地区ごとに様々なブースを展開しています。

こちらのブースでも、お子さんが楽しそうに職業体験をしていました。
この他にも、丸太切り体験、鉄筋コンクリートの骨組み作り体験、ロープアクセス体験
(写真左)、自分好みの部屋作り体験(写真右)など、本格的に体験できるものが多くありました!
どのブースも長蛇の列。遊園地のアトラクション待ちと似たような状況です。

 

子供が自ら体験できることはとても良い経験になると思いました。見ているのとやるのとでは、
実際に手を動かした方が断然楽しいですし、お子さん連れが多いのも頷けます。

食べ物も全国大会なだけあり、全国の名物を使ったものを販売していました。
こちらはベーグル。各県の名物がベーグルの生地の中に入っているそうです。

お昼頃には会場は人で溢れかえるほどいっぱいに。移動するのが難しいほどです。
手前に見えるのは、イベント中実際に職人さんが組み立て、実演して見せていた家の骨組みです。

会場を見回していると…先ほどまで行っていた体験ブースに「材料切れで終了」という文字が。

お昼を過ぎてくると、このように終了するブースがちらほらありました。
どのブースもたくさんの方が体験をしていましたし、それだけ大盛況だということが分かります。

 

4. オープニングイベントがすごい!
さて、会場散策を終えて、いよいよプレゼンです。
15:00頃からオープニングイベントがスタート。
和太鼓の演奏が始まりました!

会場の四方と中央に置かれた太鼓の音が強弱をつけて一斉に鳴り、交互に鳴り…
迫力満載です!

プレゼンのステージでも演奏がスタート。
太鼓の力強い響きが、会場全体に響きます。
前の方の席を取っていたので、なおさら迫力が増し、圧巻でした!

続いて書道パフォーマンス。
テーマである「共創」という文字が、これまた力強い文字で書かれます。
太鼓も書道も、職人の方々の力強さ、格好良さを表現しているようでした。

 

5. プレゼンスタート!
15:30 いよいよプレゼンも開始です。
最初はモニターから映像が流れました。
日本の歴史の中での職人さんの働きや想い。苦悩。
まるで映画を観ているかのようなストーリー性がありました。
これだけ観ていても感動する内容でした。

そして開幕。
ライトに照らされ、登場した職人の方々は、凛々しく、仕事への誇りがみなぎる逞しい姿でした。

審査は各企業10分間のプレゼンを行い、この企業の夢を一番後押ししたい、と思う企業に
投票。特別審査員30名と会場票の合計で優勝が決まります。
司会には石田純一さんがいらっしゃっており、大盛況でした。

各地区を勝ち抜いた企業の職人さんが、各々、これからの夢を語る舞台。
言葉ひとつひとつに重みがあり、まっすぐな想いが込められていました。

今回、社長の笹川は、メガステップ 小山社長のプレゼンを楽しみにしていました。
小山社長は那須塩原市に職人学校を造られました。

ご一緒させていただいた、匠アカデミーでお世話になる方も、小山社長のプレゼンを見て
以下のように感想をくれました。

「プレゼンの中で、職人さんが入社して自社の研修場で修業するところを芝居仕立てで
見せてくれたり、ベトナムから来た社員の実績や社長のお言葉なども聞くことができ、
見ていて面白く、感動しました!」

そして、第一回優勝 イスミ塗装工業の白鳥社長(写真左)にもお会いできました!

職人さんたちの熱い思いが伝わる素敵なイベント。
お世話になる方、ご一緒くださった方々、ありがとうございました!!

 

6. おわりに
今回、時間の都合で最後までいることができなかったのですが、それでもとても楽しむことが
できました!

お子さんにとっては、なかなか体験できない建設の仕事が体験できるので、とても良い
イベントなのではないでしょうか。気難しいことや行きにくいと言うことは全くありません。
建設業界の職人さんを知る、良いイベントだと思います!

各ブースの職人さんからは、体験に来たお子さんに対して、この仕事の楽しさを感じてもらおう
という気持ちが表情に表れていたように思います。職人さんの熱い想いや、仕事に対する誇り、
業界の事をもっと知ってもらいたいという気持ちが、会場全体に広がっていました。

職人の世界をのぞいてみたい方、少しでも興味のある方、次の機会には見に行かれてみては
いかかでしょうか。

以上、建設職人甲子園レポートでした!

 

************************

【参照】
建設職人甲子園について
http://k-shokunin.org/

開催日の概要について
https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000008.000021521.html

 

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
◎匠アカデミージャパンの最新講座情報はこちらです
http://www.takumi-ac.jp/topics/?cat=6

◎匠アカデミー理事長の笹川から、週1回、匠アカデミーのメールマガジンをお届けしています!
・セカンドキャリアについて
・「人生第二幕 生き生きしている人」インタビュー
・最新の講座
など、さまざまなお役立ち情報や匠通信を配信しております。
登録はこちらから!
http://www.takumi-ac.jp/mailmagazine/index.php

——————————
【お問い合わせ先/Contact】
匠アカデミージャパン事務局 (Takumi Academy Japan)
TEL : 03-5332-5517
Mail: takumiacademy@imagineplus.co.jp
URL : http://www.takumi-ac.jp/

【運営会社/Operated by】
株式会社イマジンプラス(Imagine Plus Co. Ltd)
URL : http://www.imagineplus.co.jp
【事務局運営/Secretariat】
株式会社イマジンネクスト(Imagine Next Co. Ltd)
URL : http://www.imaginenext.co.jp

Pocket
LINEで送る

Copyright © 株式会社イマジンプラス All Rights Reserved.