コラム

【コラム:見習い大工のうんちく】気にする?気にしない?建築吉日

2018.02.13

見習い大工のうんちくコラム

SNSでシェアする

気にする?気にしない?建築吉日

カレンダーに書かれている暦注(れきちゅう)。
 
大安や仏滅など「六曜」をみて、「とりあえず仏滅は外そう」「葬儀は友引を避けよう」
「結婚式は大安に」など、日柄を考慮して日程を調整すること、ありますよね。

 
これが、建築に関わるお日柄となると、
「とりあえず仏滅は〜…」と、単純にはいかないようです。

 
建築吉日は、主に十二直(じゅうにちょく)を見て、判断します。
十二直(じゅうにちょく)とは、北斗七星の動きを、吉凶の判断に用いたもので、
古く飛鳥時代から使われはじめ、昭和初期までは日本で最も重視されていました。

 
建、除、満、平、定、執、破、危、成、納、開、閉 と、
十二の日が順にめぐっていくのですが、

 
このうち、建築によいとされる日は、
建(たつ)、満(みつ)、平(たいら)、定(さだん)、成(なる)、開(ひらく)。
 
それぞれの字が意味するとおり、成就する、万事がうまくいく等々、新しく家を建てる門出に
ふさわしい日というわけ。地鎮祭や上棟式、契約などの吉日です。

 
実は、十二直だけでは、建築吉日の判断には不十分!
この他に、三隣亡(さんりんぼう)や不成就日といった、凶日があるからです。
 
三隣亡とは、「この日に家を建てると、三軒隣まで災いが及ぶ」とされている凶日。
引っ越しもこの日を選ぶと「三隣亡に引っ越してきた!災いを持ってきた!」と、
陰口を言われることもあったそうですよ。
 
まだまだ他にも尽きないのですが…。
これだけあると、「じゃあ一体いつ建てるのがベストなの⁉︎」︎と頭を抱えてしまいます。

 
大工にとっての吉日は、
お天気が良くて、お弁当がおいしくて、気持ち良く仕事が出来る日、なんですけどね!

 

 
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
◎匠アカデミージャパンの最新講座情報はこちらです
https://www.takumi-ac.jp/topics/?cat=6
◎匠アカデミー理事長の笹川から、週1回、匠アカデミーのメールマガジンをお届けしています!
・セカンドキャリアについて
・「人生第二幕 生き生きしている人」インタビュー
・最新の講座
など、さまざまなお役立ち情報や匠通信を配信しております。
登録はこちらから!
https://www.takumi-ac.jp/mailmagazine/index.php
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【お問い合わせ先/Contact】
匠アカデミージャパン事務局 (Takumi Academy Japan)
TEL : 03-5332-5517
Mail: takumiacademy@imagineplus.co.jp
URL : https://www.takumi-ac.jp/
【運営会社/Operated by】
株式会社イマジンプラス(Imagine Plus Co. Ltd)
URL : http://www.imagineplus.co.jp
【事務局運営/Secretariat】
株式会社イマジンネクスト(Imagine Next Co. Ltd)
URL : http://www.imaginenext.co.jp