• トップページ
  • コラム
  • 【匠メルマガ】Vol.42 フリーランスに最低報酬!副業のほうが良いのか?≪2/27≫

コラム

【匠メルマガ】Vol.42 フリーランスに最低報酬!副業のほうが良いのか?≪2/27≫

2018.03.12

メルマガバックナンバー

SNSでシェアする

【匠アカデミージャパンメールエールVol.42】
フリーランスに最低報酬!副業のほうが良いのか?

 
50代からの人生第2幕
生涯現役、夢と希望を持って
働ける道筋を提案。
大工・職人養成学校
「匠アカデミージャパン
リノベーターズ」
理事長の笹川です。
 

先日の匠アカデミー公開講座、満員御礼!!
【内装コーディネートで実現させる物件のバリューアップ術】
 
講師は空間プロデューサーの七種珠水さん(NANAさん)。
彼女がプロデュースした民泊の部屋は予約がどんどんは入っていったそう!

不動産投資家や民泊事業者の方など、参加者も熱心な方々ばかりで、大盛況となりました。
 
NANAさんは、
ANAのキャビンアテンダントから、未経験でインテリア業界の空間プロデューサーへ。
彼女の成功やセンスの磨き方など質問が相次ぎましたが、基本は地道な努力。
 
今度、匠アカデミー 人生第二幕セカンドキャリアインタビューに登場いただきたいと思います。
 
さて、2018年2月20日、日経新聞朝刊一面の大きな記事が
「フリーランスに最低報酬 政府 労働法で保護検討」でした。

 
政府は企業に属さない技術者やデザイナーなどいわゆる「フリーランス」を
労働法の対象として保護する方針に入ったとのこと。

 
不安定な収入を政策で下支えし、多様な働き方を後押しするということ。
フリーランスの方にとっては、良い方向に行ってほしいと思います。
 
実際、匠アカデミーでも、優秀なクラウドワーカーの方々にご活躍いただいています。
すきま時間にフットワーク軽く動いてもらったり、シンガポールやカナダに住む方にも
お願いしています。

 
出産して育児と両立しながら、介護をしながら、芸能芸術活動を続けながら、など
空いた時間に仕事できるのはありがたいことだと思いますし、
隙間時間にちょこっと仕事したい、という人も増えています。

 
でも、でも。
私は実は、フリーランスの増加が、全体のお給料を押し下げているのではないかと思っています。
2017年度、日本のフリーランス人口は1,122万人にもなるそうです。
 
以下、クラウドアウトソーシングの「ランサーズ」の「フリーランス実態調査2017年版」より
引用いたします。

************************************
◆フリーランスの働き方は4タイプに分けられる!
昨年度の調査で明らかになった、
副業系すきまワーカー
複業系パラレルワーカー
自由業系フリーワーカー
自営業系オーナー
の4タイプのうち、昨年と比較すると特に副業系すきまワーカーが急増しているのが目立ちます。
************************************
さらに、中小企業庁「小規模企業白書2016」によれば、
●フリーランスの実態として、年収は300万以下が過半数。
●職種は、デザイナー、システムコンサルタント、ソフトウェア作成で全体の38%
●廃業率は、3年目で62%が廃業、10年目で88%が廃業(中小企業白書統計調査)
とのこと。
 
厳しい現実があります。
 
私は人材業界に身を置き20年。個人事業主、フリーランスで生計が成り立たず、
派遣登録や正社員求人応募に来られる方を多数見てきました。

 
これからの時代、働き方改革が進み、多様な働き方が認められていきます。
 
確かにフリーランスという自由な働き方に憧れを持つ人が多いのですが、
それだけ、競争が激しくなります。

 
企業よりも、個人で安く質のいいもの、サービスを提供してくれるなら、
全体としてそちらへ流れます。単価の安いほうへといきがちです。

 
お金をもらうほうも、すきま時間にちょこっと働きたいからと、
手軽な価格設定をされたりしますね。

 
産休育休中の方や介護されてる方など、自宅から動けない方以外は、
いきなりフリーランスになるのではなく、副業から始められることをお勧めします。

 
副業も、これからの働き方の大きなキーワードです。
 
政府は2017年1月末に副業や兼業を事実上解禁し、大企業の中にも容認するところが増えてきました。
とはいえ、8割弱の会社はまだ禁止しています。

 
副業の効果は、収入増という現実面もありますが、人脈をひろげる、学びなおし、新しい世界を知る、
今の仕事に新しい発想を生み出すなど、副産物も大きいです。

 
匠アカデミージャパンにいらっしゃる生徒さんのなかには、
現在されているお仕事にプラスになるから、と知識・技術を学びにこられる方も多いです。

 
これまでも、
電気工事士の方や内装関係の職人の方、塗装職人の方、リフォーム会社に勤めている方などが、
自己啓発のために学びに来てくださいました。

 
副業とまではならずとも、隣接領域の現場の工程や内容、自分の工事分野とのつながりが
より理解できるようになるので、メリットは大きいとのこと。

 
一見すぐに仕事の場で活用できないことのように見えても、新しい世界を知ることや、
初めてのことに挑戦するということは、新しいアイデアを生み出すためのヒントにもなり得ます。

 
フリーランスや、副業、兼業を含め、
ここ数年の間に、私たちの働き方はどんどん変貌していくことでしょう。
でも、まだそれがどんな形で実現可能なのか、実際に生活がどうなっていくのかは未知数です。

 
新たな働き方は、色々と試しながら私たち自身がつくっていくしかないのかもしれませんね。
 
副業、複業について、またレポートします!
 

 
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
◎匠アカデミージャパンの最新講座情報はこちらです
https://www.takumi-ac.jp/topics/?cat=6
 
◎匠アカデミー理事長の笹川から、週1回、匠アカデミーの
メールマガジンをお届けしています!
・セカンドキャリアについて
・「人生第二幕 生き生きしている人」インタビュー
・最新の講座
など、さまざまなお役立ち情報や匠通信を配信しております。
登録はこちらから!
https://www.takumi-ac.jp/mailmagazine/index.php
________________________________
匠アカデミージャパン リノベーターズ
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-11-8 河上ビル7F
TEL:03-5332-5517
理事長 笹川 祐子 / Yuko Sasagawa
◆匠アカデミージャパンHP
URL:https://www.takumi-ac.jp/
◆匠アカデミー事務局
Mail:takumiacademy@imagineplus.co.jp
◆イマジンプラス社長笹川祐子の感謝ブログ
URL:http://www.imagineplus.co.jp/thanks/
________________________________
Copyright(C) 2017 株式会社イマジンプラス
All Rights Reserved