コラム

【デザイナーコラム】ガレージがないとD.I.Y.も起業もできない⁉︎

2018.03.07

見習い大工のうんちくコラム

SNSでシェアする

ガレージがないとD.I.Y.も起業もできない⁉︎

アメリカの映画やドラマに出てくるガレージ。
 
ドラマ設定や登場人物のキャラクターに合わせて作り込まれていて、
さりげなく雰囲気を盛り上げ、時にはストーリーの鍵となる場面で使われるなど、
皆様それぞれに、忘れがたいガレージのシーンがいくつか思い浮かぶのではないでしょうか?

 
アメリカでは、中流以上の家にはガレージがあるのが一般的で、車庫としてはもちろん、
様々な工具をそろえ、作業場として使われています。

 
家の寿命が長いアメリカでは、中古物件を購入し、改修やメンテナンスを繰りかえして
自分の家を作り上げていくことが、そもそも家を持つということの本当の意味。

 
そうした家づくりを支えているのが、ガレージという空間であり、
子供に住まいを自らの手でなおし、必要なものがあれば自分で創作していくことの価値を
学ばせる場でもあります。

 
ガレージは、作業場という単なるハコではなく、
家づくりを含め、自らの生活をマネジメントしている実感や、
新しい価値を生み出す充実感を育む空間なのですね。

 
世界を代表するアメリカの大企業、AppleやGoogle、ウォルト・ディズニーが、
ガレージから始まっているのは、ガレージが単なる身近な空きスペースだったからではなく、
それぞれの企業の創始者たちが、幼い頃からガレージで親の創作活動に接し、
「新しい価値を生み出せる場所」としての特別な力を感じていたからなのでしょうか。

 
さて、このような本質的な意味でのガレージを持つことは、日本の住環境では
なかなか難しいものです。
 
自宅に手を加えられないことや、D.I.Y.に存分に腕を振るえないことで、
自分の手に負える領域、「自分で出来るかも!」とマネジメント出来る領域を、
とても限定的なものにしてしまっていませんか。

 
ガレージを持てないことと、起業家が育ちにくいこととは、無関係ではないのかも⁉︎
 

 
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
◎匠アカデミージャパンの最新講座情報はこちらです
https://www.takumi-ac.jp/topics/?cat=6
◎匠アカデミー理事長の笹川から、週1回、匠アカデミーのメールマガジンをお届けしています!
・セカンドキャリアについて
・「人生第二幕 生き生きしている人」インタビュー
・最新の講座
など、さまざまなお役立ち情報や匠通信を配信しております。
登録はこちらから!
https://www.takumi-ac.jp/mailmagazine/index.php
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【お問い合わせ先】
匠アカデミージャパン事務局
TEL : 03-5332-5517
Mail: takumiacademy@imagineplus.co.jp
URL : https://www.takumi-ac.jp/
【運営会社】
株式会社イマジンプラス
URL : http://www.imagineplus.co.jp
【事務局運営】
株式会社イマジンネクスト
URL : http://www.imaginenext.co.jp/